法人や個人事業主の創業融資には担保も必要なく審査も早い事業者向けローンが便利

HOME>オススメ情報>お金を借りるのに銀行に申し込むと審査は厳しく時間がかかる
書類

事業計画を形にする

事業を起こすときに非常に大事なことが資金の調達です。様々な事業計画を形にするには、資金が必要になるからです。しかし銀行に融資を申しこむと審査が厳しく時間もかかります。また創業融資の場合は事業の実績がまだないので、簡単には融資がおりないことがあります。そんなときに頼りになるのが事業者向けのローン会社です。事業者向けローンならしっかりした事業計画があれば、創業融資の場合でも審査を通すことができます。またすでに事業をやっている方で赤字の場合でも相談にのってくれます。事業者向けローンは法人か個人事業主の方で20歳から69歳までの方なら融資を申し込むことができます。融資額については初めての場合は500万円までで、その後最高1000万円まで借りることができます。事業を創業したいのに資金調達で困っているなら便利です。

店舗に行かなくても申し込める

創業融資には銀行や公的金融機関から借りる方法がありますが、いずれも簡単に融資がおりることはないです。しかし事業者向けローンなら比較的審査がゆるやかです。事業者向けローンでは融資を受けるのに入会金や登録費用などは必要ないのです。また無担保で融資してくれます。保証人については法人のケースは必要になります。事業者向けローンを申し込むときに準備する書類は法人では、代表者を確認できる書類と登記簿謄本に決算書などが必要になります。個人事業主の場合は事業主様を確認する書類や確定申告書などが必要になります。また事業者向けローンのメリットは融資金の使い道を指定していないことです。事業の領域内であれば制限なく活用できるのです。また融資に際して店舗まで行く必要がなく、インターネットから申し込むができます。そして銀行やコンビニのATMから、お金を引き出したり返したりすることができます。

広告募集中